デザインとサイズ

名刺を作成する場合には、専門業者に依頼して印刷してもらうのが一般的ですが、大まかなデザインはあったとしても、最終的なデザインは自分で決める必要があります。仕事で使用するビジネス名刺、プライベートで使用する個人名刺など用途は異なると思いますが、できる限り見やすい名刺を作成すると言うのは確実に必要になってくるポイントになってきます。仕事ではなくプライベートで作成する名刺の場合にも、しっかりとデザインには細心の気を配らなければなりません。

また、デザインと同じく名刺サイズにも気を付けなければいけません。基本的に日本での名刺サイズは55mm×91mmの長方形になっておりますので、これを基準に考える必要があります。しかしながら、名刺作成業者の中には39㎜×70㎜の小型4号や49㎜×85㎜の3号、51㎜×89㎜の欧米サイズ、61㎜×100㎜の5号のような大きさの名刺が用意されている所もあります。ライターさんなど特定の会社に所属していないようなフリーランスの方や個人事業主であれば、デザインだけでなく、サイズも自由に決める事ができます。ただ、注意して頂きたいのが、名刺入れの大きさは標準のサイズに従って作られていますので、55mm×91mm以下のサイズにするのは必須です。

 

必要な情報とは

名刺を作成する際に考えておかなければいけないのは、名刺の中に記載する情報についてです。名刺を作成するに当たっては、どのような個人情報を記載するのか、どのような大きさで記載するのかなどは、事前にしっかりと考えなければなりません。特にフリーランスの方の場合には、名刺は自分の顔になる存在ですので、単にクライアントとの連絡手段の一つと考えずに、しっかりと自分を認識してもらう事ができるような内容を記載する必要があります。

よくデザインを重視してシンプルに自分の名前と会社名だけしか記載しない名刺もありますが、これでは、あまり名刺としての役割を担ってはおりません。組織に属している方は、最低でも名前や会社名以外にも部署名であったり、連絡先、メールアドレスは重要ですし、会社で取り組んでいるのであれば、必要に応じてSNSのユーザー名などを入れるのも好まれております。ただ、全て知ってもらいたいからと言って、あまりにも多くのコンテンツを詰め込みすぎてしまうと、情報が散乱してしまい、今度は読みにくい内容の名刺になってしまいますので、逆効果になってしまいます。単に情報を羅列するのではなく、いかに効率的にこちらの情報を伝える事ができるのかという事に重点を置いて名刺を作成する必要があると言う事なのです。

名刺作成業者のホームページを見てみると、様々なデザイン例が掲載されています。そのデザイン例を参考に、いかに見やすく必要事項を記載するかを考えて作成しましょう。洗練されたデザインでありながら、情報も見やすければその名刺効果は抜群でしょう。是非、そんな素敵な名刺を目指してください。

参考|名刺作成業者『名刺.net 』

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket